脊柱管狭窄症は治療できる|進化する技術で治す

ずっと元気がいちばん

看護師

咽頭がんになるひとの大部分がタバコを吸っているというデータからも分かるように、タバコさえ吸わなければ咽頭がんになる心配はほとんどゼロに等しいと言えます。また、日頃から身体を動かしたり趣味に没頭したりするなどして、ストレスをこまめに発散することも咽頭がんには効果的な方法です。

もっと見る

痛みから解放される方法

看護師と患者

通常、手術はしない

脊柱管狭窄症を完全に治す治療法は、手術のみです。他は、基本的に痛みを和らげることを目的とした治療法となります。ただ、そうであっても手術は、かなり症状が重くなければ行わないのが一般的です。なぜなら、手術は非常にリスクが高いからです。また、脊柱管狭窄症を患っている人は高齢者に多く、高齢者にとって手術は負担が大きいことも要因となっています。完全に治らない治療が一般的だと聞くと、心もとなく感じるかもしれませんが、必ずしもそうではないのです。薬物療法や理学療法、神経ブロック注射等、色々と治療法があり、それらを単独で行うこともありますが、組み合わせて行うことも、しばしばありますから、高い効果は期待できます。脊柱管狭窄症を治さなくても痛みを和らげることさえできれば、通常の日常生活を送ることは可能です。

日常生活の注意点

但し、治療に頼るだけではなく、自ら日常生活で心掛けるべきことがあります。それは、血流を良くすることです。血流が良くなることで、痛みは緩和されるものなのです。従って、血流が良くなる効果がある成分を食事やサプリメントで摂取することが大切です。運動も血流が良くなりますから、行うべきです。しかし、だからといって過度な運動は危険な場合があります。ウォーキング程度でも、十分、血流は良くなりますから、焦らないことが大切です。ストレッチだけでも、血流は良くなるのですが、体を反らす等、間違ったストレッチを行うと症状が悪化してしまう場合があります。脊柱管狭窄症は背中を丸めると痛みが和らぐ特徴がありますので、体を反らすと痛みが出てしまうのです。このように、間違った行為をしてしまうこともありますので、医師に相談し、医師に生活面も指導してもらうのが賢明です。

がんを完治させるために

カルテ

サイバーナイフとはピンポイントで放射線を照射することができる最先端の治療器具で、主にがんの治療に用いられます。サイバーナイフによる治療を受けたい時にはあらかじめどこの病院なら受けられるのかを自分で調べて、そこに紹介状を書いてもらうことが大切です。

もっと見る

症状はあるが原因不明です

カウンセリング

何かしら聞いたことがある自律神経失調症とは意外と患者が多く、原因不明なのに症状があるというものです。しかし症状が続く方は、他の病気が隠れている場合もあるため、定期的に検査すると良いでしょう。またセルフケアで予防を心がけ、辛いときは無理せず休むことも大切です。

もっと見る

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症は治療できる|進化する技術で治す All Rights Reserved.